Q:バルコニーや共用部にハトが飛来して糞がすごいです。これから売却するのですが価格に影響はありますか

A:糞がバルコニーや共用部に散乱している情景が購入意思を阻みますので、不動産営業もそれらを見越した査定価格を提示するはずです。価格への影響は大きいと考えてください。

弊社で墨田区亀沢の錦糸町を保有していました。

大横川親水公園近接しハトがたくさん飛来して非常階段や屋上に糞をして大変な状況でした。

共用部非常階段の踊り場はH鋼を土台に使用しており、その段差に糞をしてしまって見栄えは最悪でした。

管理組合は長い期間ハトの糞による鳥害に悩まれていたそうで、ハトを駆除する業者を大京アステージから紹介いただいたそうですが、まったく対策が役に立たなかった経験があったそうです。

大京アステージへ再度のハト駆除の進言は無駄だと考え、弊社負担で屋上の笠木及び階段H鋼すべてに鳥よけの針金を設置しました。

ほどなくハト被害は収まって弊社社有物件も無事に成約となりました。

販売中に鳥害が生じていれば価格以前に気に入っていただける可能性がとても低いと思われ、売れなければ価格を下げる悪循環は目に見えています。

是正すれば資産性が大きく回復することから、気づいたときは動いてみてください。

関連記事

  1. Q:不動産売却の仲介手数料

  2. Q:室内がゴミだらけでは売れないものなのか

  3. Q:借地の戸建を検討中です。買わないほうが良いですか。

  4. Q:オークション式買取は最も高く売れる方法ですか

  5. Q:現在マンションを売却しているのですが、購入申込額に不満がある場合は断っても良いのか。

  6. Q:他社で販売しており、今まで20組のご案内があったが成約できない

  7. Q:買取保証で販売中ですが中々売れません

  8. Q:D社で販売しているが売れなくてずっと山形に帰れない

  9. Q:一般媒介で販売しているけど、これ以上増やしても結果は変わらない?

  10. Q:住宅ローンが相当遅れており、どうしたらよいかわからないので教えてほしい

  11. Q:大手に不動産売却を依頼しているけど、100万円さげましょうと言われて依頼した意味がない

  12. Q:販売からたった30日で100万円も価格を下げる責任は誰にある?