Q:販売してひと月も経過していないのに400万円もの価格変更が必要なんですか?

A:ご事情はお急ぎでしょうか?不動産会社からの当初査定額が売主様の利益を考えた正しい提案でしたら必要ありません。

ご売却事情も様々ですが、「ここまでに必ず売りたい」等の期間が決まっているケースでは、期日にそった販売計画は必須です。

時間制限がなく購入物件を同時に探すお住みかえなどでは、「売れたら購入する」想定で当初はご希望価格でスタートし購入物件が出てきたら価格を改定するなど、ギリギリまでご希望通りの成約を目指してお手伝いしています。

いずれのケースでも、「売れるレンジの理解」「高めにチャレンジするのはここまで」などの具体的な計画は欠かせません。

中には、「特定の顧客が存在し相場を超えて購入をすることを容認」しているなどの広告内容により、スタート価格を相場をはるかに超えて設定している物件をよく見受けます。

その場合、「相場を超え第三者からは異常な価格で販売している」ため反響も少ないことが考えられますので、短期間に大幅な価格改定がなされる要因となります。

不純な売却提案以外で一割以上の価格改定を行う必要があるのは、「お急ぎの事情」か「当初設定を間違えて提案した」と考えられます。

短期間のうちに100万円単位の価格変更は営業の資質を疑われてご不安も当然かと思いますので、早めのうちにセカンドオピニオンへのご相談をおすすめします。

関連記事

  1. Q:こういったチラシに記載してある法人は存在するの?バブル並みの市場なのに本当に相場より高く買ってくれます?

  2. Q:住みかえ検討中ですが住宅ローンが残っていても売れますか。(売却先行)

  3. Q:競売物件は購入してもよいのか

  4. Q:他社で販売しており、今まで20組のご案内があったが成約できない

  5. Q:雨漏りを知らなかったので契約を解除できるか

  6. Q:買取と仲介の根本的な違いは?

  7. Q:住宅ローン控除は最大400万円ですよね?

  8. Q:マンションエントランスの印象は価格に影響しませんか

  9. Q:かならず室内確認して査定を受けないといけないの

  10. Q:住宅ローン残債ギリギリで販売していたが、価格も下げられず売れないのでストップした。会社を変えれば売れる見込みはあるか?

  11. Q:借地の戸建を検討中です。買わないほうが良いですか。

  12. Q:良い物件を買いたい