Q:戸建はどこに着目して購入すればいいか。

A: 再建築が可能か、雨漏りはないか、基礎にひび割れはないか、建築確認、検査済証はあるか、外壁のコーキング劣化、塗装、屋根材の状態にもご注意ください。

建築知識については、適切なアドバイスができる不動産営業は少ないと考えて下さい。

建築確認済証取得は売買契約前の調査内容に含まれており、原本提示の上でご説明可能です。

外壁、屋根の状態、修繕費など、過分な費用がかかるかどうかを判断する知識を持ち合わせているか疑わしいところです。

特に中古戸建は注意が必要です。

知り合いがいらっしゃれば、建築関係の方、一級建築士さん、インスペクション会社など、契約前に確かめていただくことをオススメします。

営業は家を売ることに長けていますが、売るだけであり、第三者的立場で建築物のコンディションを確認することは二の次です。

信頼のおける方に出会えるよう上手に購入をすすめて下さい。

関連記事

  1. Q:雨漏りを知らなかったので契約を解除できるか

  2. Q:買取と仲介の根本的な違いは?

  3. Q:相続した不動産を売りたいのですが、売ることを急がない場合はわたしたちにどういった方法が一番メリットがあるのか?

  4. Q:不動産売却は御社で3社目ですが、オーストラリア留学までに希望額で売れますか?

  5. Q:不動産売却をやめたい

  6. Q:ヤフーしか公開していないみたいです。販売中でお問合せが少ないのですが、スーモは反響率が高いのでしょうか?またその費用は?

  7. Q:オークション式買取は最も高く売れる方法ですか

  8. Q:バルコニーや共用部にハトが飛来して糞がすごいです。これから売却するのですが価格に影響はありますか

  9. Q:管理費等が高いと資産価値にどのように影響しますか

  10. Q:検討しているタワーマンションでは一時金が数百万円必要とのことですが、それが一般的なのでしょうか。

  11. Q:任意売却でも三為のような行為がおこなわれていますか?

  12. Q:不動産売買契約は解約可能か