Q:瑕疵担保責任が免責になるから買取をすすめるけど、不具合の頻度は?

A :マンションでは購入後の瑕疵はほとんど聞いたことがございませんし、わたしたちの過去取引では発生したこともないです。鍵が開きにくい、給湯器が壊れた等の設備面の不具合の可能性はあります。

瑕疵担保責任免責のメリットを積極的にアピールなさるのは、買取誘導の謳い文句だと推測します。

ご不安を感じられても、不動産売却の希望条件をふまえ、その条件提示が利害に一致するようでしたら買取はオススメします。

個人の売主様では、瑕疵担保責任を免責する契約も有効です。

瑕疵担保責任の内容は以下の通りです。

箇所の制限

雨漏りの害

木部の腐食

給排水管の故障

期限の制限

長くて3ヶ月間くらいを売主様の負担期間とするのが一般的です。

マンションでは、見えない箇所である給排水管に可能性がございますが、過去取引では一度もありません。

中古戸建は雨漏りや白蟻被害も予測されますので、売主様も責任負担にご注意いただきたいところですが、購入者様も同時に注意が必要です。

第三者インスペクションですが、あるマンションで依頼したところ、給湯器に故障が発生していることを見逃していたこともあります。

鵜呑みにせずご自身で疑ってみること、不動産売却でもすごく大切だと思います。

関連記事

  1. Q:D社で販売しているが売れなくてずっと山形に帰れない

  2. Q:現在マンションを売却しているのですが、購入申込額に不満がある場合は断っても良いのか。

  3. Q:検討しているタワーマンションでは一時金が数百万円必要とのことですが、それが一般的なのでしょうか。

  4. Q:バルコニーが狭くて、エアコン室外機を置くと洗濯物を干すスペースがない

  5. Q:販売してひと月も経過していないのに400万円もの価格変更が必要なんですか?

  6. Q:他社で販売しており、今まで20組のご案内があったが成約できない

  7. Q:住宅ローン控除は最大400万円ですよね?

  8. Q:任意売却でも三為のような行為がおこなわれていますか?

  9. Q:御社の不動産売却実績は?

  10. Q:ヤフーしか公開していないみたいです。販売中でお問合せが少ないのですが、スーモは反響率が高いのでしょうか?またその費用は?

  11. Q:相続した不動産を売りたいのですが、売ることを急がない場合はわたしたちにどういった方法が一番メリットがあるのか?

  12. Q:不動産売却した時の利益、税金はかかるか?