Q:相続した不動産を売りたいのですが、売ることを急がない場合はわたしたちにどういった方法が一番メリットがあるのか?

A:仲介で個人のお客様をお探しください。また、遺産分割協議がお済みでしたら、相続登記をおこなっていただく必要があります。

正式にはその登記手続き完了後に販売が可能となりますが、登記前提として先行して販売可能です。

相続の場合はお急ぎでないことも多いですので、市場価格をよく調査し、少し強めの価格で販売スタートなさることをお勧めします。

急いでいないのに、相場よりも低い価格で販売をすすめられるのは、相続の方、遠方の方、単純処分の方が多いと思いますが、急げば必ずと言ってよいほど安く提案されるように思います。

関連記事

  1. Q:価格変更のタイミングは?時期が迫っていて焦っています。

  2. Q:マンションの耐用年数は?

  3. Q:住宅ローン残債ギリギリで販売していたが、価格も下げられず売れないのでストップした。会社を変えれば売れる見込みはあるか?

  4. Q:検討しているタワーマンションでは一時金が数百万円必要とのことですが、それが一般的なのでしょうか。

  5. Q:瑕疵担保責任が免責になるから買取をすすめるけど、不具合の頻度は?

  6. Q:旧耐震マンションは三菱UFJ銀行のローンが利用できませんか?

  7. Q:雨漏りを知らなかったので契約を解除できるか

  8. Q:マンションエントランスの印象は価格に影響しませんか

  9. Q:任意売却でも三為のような行為がおこなわれていますか?

  10. Q: シェアハウスを売却したいのですが、サブリース契約は不動産売却に影響しますか

  11. Q:不動産売買契約は解約可能か

  12. Q:当該マンションを購入するお客様が存在するとの話から売却を依頼しました。本当に存在しますか。