ご希望額やご希望条件の成約を実現する最良の手段は、「インターネットで透明性をもってご自宅情報を購入権当社様の全てに認知いただくこと」につきます。
いまや不動産購入検討者の物件情報収集手段は「インターネット」を媒体とし情報伝達が格段に速い時代となりました。
不動産会社各社もホームページやインターネットサイトで「相当数の物件情報」を競い合っています。
インターネット普及以前は、主に「広告配布」や「店頭集客」等で購入者を募っていました。
それら営業手法はコストがかかるため、企業体力のある大手仲介会社に売却依頼が集中していたようです。

ミエル不動産

売却主様
仲介会社
購入者様

ミエル不動産

「高く早く」の好条件成約に欠かせないシステムがあります。
売却依頼先の仲介会社は「不動産流通機構‘レインズ’」にご自宅情報を所定の期日までに掲載する義務があります。
レインズに情報が掲載されると同時に、お客様へ物件情報を紹介したいとお考えの他の不動産業者にも瞬時に伝わります。

国土交通省管轄のレインズでは、大手、中小の会社規模で不動産売却結果に差が生じないよう、取得可能な「不動産情報の平準化」が目的とされています。
不動産業者向けの「レインズ」掲載を基本として、ポータルサイトにも同時に情報掲載をおこないます。
販売中のご自宅情報を「情報と取得したいとお考えの方へ向けて発信すること」は「手軽で身近な発信手段」により限定的で効果的な手段で行える時代です。
インターネットは売主様の売却アシストツールとしても、買主様にとっても「不動産情報を無料で入手できる」最適な 物件情報拡散 ツールです。