不動産が売れない 対策

■内覧が「少ない」と感じた場合

内覧数が少ないのは待たれる立場の売主様にとって大変ご不安なことだと思います。
それでも、内覧数が少ない理由だけで価格を下げるのは早計です。
内覧数は少なすぎても×(月に0~1件程度)、多すぎるのも「設定価格が安すぎる」「周辺に対抗物件が無い」等の複合的な理由が考えられます。
3ヵ月で1件も内覧が無い場合は、売却方法に問題があるか、周辺物件に比べて割高感があると考えられます。

■内覧はあるのに話しが進まない

この場合は、内覧者様が感じる流通しているご自宅の価格は周辺物件と比べて大きな違和感はないと思われます。
実際に内覧をしてみることによって求めている条件と比較し「お部屋と価格のバランス」が悪く購入決断まで至らないのかもしれません。
他の物件が気に入ってしまい契約してしまったのかも知れませんが、周辺対抗物件と比べて決め手に欠けていたのでしょうか。

他社のお客様、自社のお客様を問わず「率直な感想」を担当者がお客様や他社担当者から聞き出すことにより解決の色口を見つけ出すよう努めます。

媒介契約の契約期間は最長で3ヵ月
一つの目安と考えがちですが、果たして3ヵ月売れていないから間違いなのか。

力が無いのか、営業力が弱いのか、どれも適当とは言えません。
売主様側に立って販売する以上は、「売りたい価格」で価格を決定していることもよくあります。
売主様のご意思で価格を決定することで、購入者側からの視点では「周辺よりも高く見える」のかもしれません。

当初からチャレンジ期間はここまで等を取り決めていて、期日に沿ったスケジュールであれば「3ヵ月で売れない」のは想定範囲です。
売れない場合には売却方法の見直しや価格変更、「問題点や、売れない理由を必死に探してくれる」そんな営業担当者を見つけて下さい。